About us / 弊社について

Greetings代表挨拶

代表取締役 堤 広之

コンテナハウスにご興味をもっていただきありがとうございます。私達、株式会社TSUTSUMIは平成7年創業以来、内外装工事を中心に業務に邁進してまいりました。お陰様で、数多くのお客様のご支援、ご指導の元、高い信頼を頂いております。平成22年には総合建築工事業務への拡大、更にコンテナハウス制作、販売の事業部立ち上げなど、新たな事業への取り組みをも行っております。私達はこれからも、常にお客様の声に耳を傾け、新たなニーズにも的確に応えられるよう社員一丸となり日々努力をし、施工技術を提供していきたいと考えております。お客様がずっと想い描いてきた夢とこだわりを一つ一つ丁寧に積み重ね、世界に1つしかないコンテナハウスを作り上げるお手伝いを心を込めてさせていただきます。そしてTSUTSUMIに頼んでよかったと思っていただければ幸いです。

ReasonBOX OF IRON HOUSE が選ばれる4つの理由

1

お客様目線

コンテナの用途は多岐に渡ります。シンプルなコンテナだけにBOX OF IRON HOUSEでは「お客目線」での、きめの細かいプライニングと精度の高い施工技術が必要となります。熟練のスタッフがお客様のご要望や用途を加味しながら一からプランを考えます。BOX OF IRON HOUSEで世界にたった一つしかないコンテナハウスを一緒に作りましょう!

2

豊富な経験

弊社は設立より多くの施工実績がございます。これもひとえにご愛顧頂いているお客様あっての実績だとスタッフ一同心より感謝しております。 私共BOX OF IRON HOUSEが群馬県を中心に日本各地、様々な現場で培った熟練の技術と豊富な施工経験は安心感のある高いクオリティでの施工を可能にしております。 たくさんの業者様の中よりお客様が弊社をお選びいただいたのですから、心と気持ちのこもった仕事をさせていただければ嬉しく思います。 また定期的に技術やサービス向上のための時間を設け日々スキルアップを行っております。

3

選べる価格

なぜ施工費や設計費はエンドユーザー様で 高くなってしまうのでしょうか?私共は設立時にその疑問を払拭することを第一に心がけてきました。 せっかく弊社で施工していただけるのなら費用は抑えた上で、ハイクオリティな施工をお客様それぞれにあった適正料金でご納得いただくことが一番だと考えます。 そこで第一に複数の業者介入による無駄な中間マージンのカットを行えるよう、自社独自の製品の仕入れや設計、製造のルート開拓を行ったり、自社で施工まで全て行える内製化を徹底いたしました。また施工も自社内でのスタッフ育成による内製化で余計な時間をかけずスムーズに行える工夫を行っております これらにより無駄な費用をお客様がご負担されないよう最大限のコストカットを実現いたしました。

4

アフターフォロー

私共は大切なお客様に対し、売りっぱなしや施工しっぱなしのような無責任なお付き合いは絶対したくありません。 施工や納品が終わってから気づく問題点や課題点は必ず出てきます。機械の不具合であったり、誤動作による故障など様々な事態が想定されますが ご安心ください。販売並びに施工完了後からが本当のお付き合いだと思っております。お困りごとは担当のスタッフまでお気軽にご相談さい。 どんな事でも一生懸命解決までご尽力させていただければ幸いです。

Model Plan参考料金表

参考プランをご覧ください

PLAN:01

商品名 : Now Planning

現在製作中です

参考価格...万〜

PLAN:02

商品名 : Now Planning

現在製作中です

参考価格...万〜

PLAN:03

商品名 : Now Planning

現在製作中です

参考価格...万〜

... ...
... ...
... ...

※...

お問合せはこちら0120-910-868

営業日 月~金 9:00~19:00 
ご来場希望の方はお電話ください。

Flowご利用の流れ

弊社ではお客様とのお打ち合わせやヒヤリングをとても大切にしております。お客様がどんなイメージを持っていてどう使いたいのか、楽しみたいのかを、一緒にイメージを膨らませるため多くのお客様にモデルハウスを見ていただいています。実際にコンテナハウスに触れてみることでよりイメージが固まるのです。じっくりとお客様のお話をお伺いし、ご希望のものに仕上がるよう、またご満足いただけるものになるよう心掛けています。

お打ち合わせ・ヒアリング

Step1お打ち合わせ・ヒアリング

遠方のお客様もご安心ください!!できる限りの方法でじっくりお話をお聞きし、専門スタッフが綿密なプランニングをいたします。

現地調査

Step2現地調査

現地チェック、作業車の搬入経路、作業を行う上での障害となる電線や電柱などを確認いたします。

ご契約

Step3ご契約

図面や仕様などをご確認・ご納得いただいた後ご契約となります。

基礎工事・内外装工事

Step4基礎工事・内外装工事

自社工場でJIS規格の鋼材を使用し、基本的に柱・梁で構成したコンテナを一から製作いたします。

FAQ良くあるご質問

Q1コンテナは輸送用のものを使用しているのですか。

弊社では建築確認申請に対応した国産新造コンテナを製作使用しております。
コンテナのサイズ・外観の鉄骨造とお考えください。

Q2コンテナのサイズを教えてください。

20ftコンテナハウスで 外寸で幅6.15m×奥行2.44m×高2.75m 概略の内寸で幅5.7m×奥行2.1m×高2.4mで約4.2坪ほどになります。重量約2t。約14平米。約8畳。
※ 車庫として使用するには、ドアを開けて乗り降りが大変。2台平行なら可能。
12ftコンテナハウスで 外寸で幅4.0m×奥行2.44m×高2.75m 概略の内寸で幅3.55m×奥行2.1m×高2.4mで約2.7坪ほどになります。重量約1.5t。約9平米。約5畳。
弊社で製作可能な最大コンテナサイズは30ft(約9m)となります。40ftの場合は20ftを2台連結で対応させていただいております。
※ISO規定は高2.59mです。

Q3コンテナのサイズ変更は可能ですか。

弊社ではオーダーメイドでコンテナを製作しておりますので、サイズ変更が可能となります。
ただし奥行き(2.44m)及び高さ(2.75m)は輸送上、サイズアップをすることは出来ません。幅に関しては30ft(約9m)までのサイズアップが可能です。また当然ながら幅のサイズダウンは可能です。

Q4コンテナは何階建てまで可能ですか。

建物用途及び建設地域にもよりますが、住宅で3階・他建築物で2階までとさせていただいております。
また防火地域内では2階建てまでとさせていただいております。
※耐火建築は、耐火塗料のコストが高いため、オススメできない。

Q5建築確認申請は必要ですか。

工作物となるため基本的に確認申請(建物を建てる時の申請)は必要となります。
しかし、防火・準防火地域外で10㎡以内の増築であれば不要な場合がございます。
弊社では12ftコンテナハウスが該当いたします。

Q6基礎は必要ですか。

建築確認を取得する場合には、基礎を設ける事も条件の一つとなりますので基礎は必要となります。
※確認申請を取得しない場合は、コンクリートブロック等でも可。

Q7水廻りを設ける事は可能ですか。

設置可能です。

Q8間仕切り壁を設ける事は可能ですか。

設置可能です。

Q9断熱はされていますか。

断熱は天井・壁はグラスウール、床はスタイロフォームを敷設しておりますので一般住宅と同等の断熱性能は有しております。

Q10コンテナハウスは暑いですか。

断熱材を設けておりますが非常に気密性の高い建物であるため、熱がこもりやすいのも事実です。
しかし、一般的なエアコンを設けていただければ問題はございません。
また窓からの日射は全て防ぐことは難しいので、西日のかかる部分に大きな窓を設けると暑くなるのも事実です。

Q11錆びますか。

鉄製品なので錆びないとは言い切れませんが、錆止め塗装+仕上げ塗装と念入りに塗装を行っておりますので、すぐすぐには錆ません。しかし傷等がついて鉄の素地が出た場合にはそこから錆が発生いたしますのでタッチアップ等の補修をお願いしております。
車と同じ様にお考えください。

Q12設置後の移動は可能ですか。

設置後の移動も可能となります。ただし、連結設置した場合は連結部切り離し補修等が発生いたします。

Q13コンテナハウスのお値段はおいくら程ですか。

コンテナは仕様などにより価格帯も様々です。まずはお問い合わせくださいませ。専任のスタッフがご対応いただきます。

Q14塗装色は好きな色が選べますか。

日本塗装工業会の塗装用標準色であればお好きな色をお選びいただけます。とても豊富ですのでお気に召すお色があるはずです。またツヤありツヤ消しもお選びいただけます。

Q15輸送するに当たり道路幅は何m必要ですか。

大型トラックで搬入するため4.0m以上必要となります。しかし大通りから直線で抜けられるようであれば4.0m以下でも可能な場合がございます。
またコンテナを設置するにあたりクレーンを使用しますので、電線が多くあり吊り込み作業が出来ない場合は設置が出来ない場合がございます。

Q16住宅ローンは組めますか。

弊社コンテナハウスで住宅を建設された場合、建築確認申請を取得いたしますので住宅ローンを組んでいただく事は可能です。建物は鉄骨造となります。

Q17防音室を製作することは可能ですか。

可能です。遮音材料等を使用し製作いたします。-45dBも可能です。
※一般 1万円/㎡  防音 4,5万円/㎡

Q18コンテナのみの販売もしくはコンテナ+設置工事もしていただけますか。

可能です。その場合物品販売となりますので建築確認申請はお客様(お客様手配の設計事務所等)にご手配いただくようになります。
※20ftコンテナ単体で約100万円。販売にあたり、『完了検査』まで弊社、守秘義務を交わし建築確認申請は、お客様の方でしてもらう。

Q19コンテナ設置後に階数を増やす増築は可能ですか。

平屋建ての設定でコンテナを設置した場合は不可となります。2階建て等のご計画があるのであれば、平屋時から二階建て等の設定(太い鋼材や超音波試験済)にしたコンテナを設置する必要がございます。

Q20使用後のコンテナは売却できるのでしょうか。

連結を行わずに単体設置したものであれば、売却も十分可能です。連結設置の場合、分解後外壁が無いコンテナも発生しますので、そちらは補修等が必要と思われます。

Q21内装を選ぶことは可能ですか。

可能です。一般的な建物と同様にお考えください。
オーダーメイドです。

Q22外装を鉄板から他のものに変更することは可能ですか。

可能です。サイディング等をご使用いただけます。

Q23中古コンテナの改造等は行っていますか。

可能ではありますが、お勧めは出来ません。中古コンテナは一般的に5年間使用されたものが市場に出回ります。錆や凹みが顕著なものも多く補修費が高くつく場合がございます。
このため弊社では海上コンテナをご使用になりたいお客様には海上新造コンテナをお勧めしております。ただし確認申請の取得は出来ない事にご注意ください。

Q24新造海上コンテナを使用すると安くなりますか。

少し(約50万円程)お安くはなります。ただし塗装や溶接部のシーリングを行わずに施工した場合になります。
ご指定の外装色に塗装される場合は別途塗装費用が掛かってまいります。溶接部のシーリングは行わなくてもご使用可能です。

Q25サッシ等の開口は自由に設けられますか。

自由な位置及び大きさで設ける事が可能です。しかし長辺面に全面開口となるような大型のサッシを設けますと時間経過と共に梁のたわみが発生し、サッシの開閉がし難くなる場合がございます。

Q26積雪には強いですか。

積雪にも強いです。ただし、屋根が平のため積もった雪が落ちずに残ってしまいます。
場合によっては屋根融雪等を設けることをお勧めいたします。

Q27耐用年数は何年ですか。

用途にもよりますが、法定耐用年数は34年(鉄骨造)となります。
法定耐用年数はあくまで減価償却計算ようのものでメンテナンスを行えば34年以上十分に利用可能です。

Q28地震には強いですか。

重量鉄骨造になりますので木造と比べれば遥かに頑丈です。

Q29レンタルのコンテナをとりあつかっていますか。

コンテナの種類によりレンタル可能なものもございます。まずはお問い合わせくださいませ。